由 緒

 延喜式内社の「薭田神社」として、当社が正史にあらわれるのは貞観6年(864)ということになりますが、社伝によるとさらに歴史は古く、次のように伝わっています。
 和銅2年(709)、僧行基が天照・八幡・春日の三神体を造り、本社に安置しました。
 その後、弘安5年(1282)に日蓮が池上宗仲の邸に入ったとき、村民の要請で、この三神は日蓮によって開眼されたといいます。

 しかしながら、現存の式内社についての全国調査結果をまとめた「式内社調査報告」によると、この社伝は信憑性がないとし、「惣國風土記」にもとづいて潤色されたものであろうと記されています。

 ただ、当社に一体の石像(春日)と二体の木造の神像が安置されてきたことは確かであり、この点は社伝の三神体と一致しています。

新旧社殿案内